中欧の旅−4 : 2019/6/10〜2019/6/20
今回の旅の最後の国、ハンガリーです。一般的にハンガリーというと日本人にとってのイメージは、、、そもそもヨーロッパの地図の中から正確に示せる人がどれくらいいるか、そんなに多くはないのでは、と思います。
ハンガリーってかつてはヨーロッパの中でも大国だったのですね。
私もぼんやりしたイメージと、行く前の付け焼き刃的な知識だけで訪れましたが素晴らしい国でした。

旅も最後の方になってくるとメモも相当に乱れてきます。でも何とか整理してコメントを書いてみました。

ブダペスト東駅前
ブダペスト駅を列車を降りて、ホテルまでのバスが駐車しているところまでブラブラ歩きます。
オーストリアに比べると、やはり経済的なレベルは少し下であるのがわかります。

第二次大戦後経済的に疲弊し、ハイパーインフレにも見舞われ、ソ連の衛星国として弾圧され、支配され、経済成長もイマイチだった国です。
今は工業国として経済は発展中との事ですが、国民1人当たりのGDPはEU平均の半分以下です。

以上付け焼き刃情報です。

インターコンティネンタル・ブダペスト
ドナウ川横、”王宮”と”鎖(くさり)橋”が窓から見えるのには感激です。このホテル、ロケーションとしては最高の位置にあると思います。
アメリカ系のホテルで新しくて近代的、日本人好みで文句なしです。ロビーも非常に広くて居心地がよろしい。

こういうツアーではホテルでゆっくりするという時間は少ないので、快適性さえ確保できれば部屋は狭くても眺めが少々悪くても構わないのですが、今回は抜群です。

旅行会社もやはり最後にいいところに泊めてくれました。

夕食です
簡単なフルコースでした。まあ可もなく不可もなく、って感じですかね。

ウイーン観光で歩き回り、列車に2時間半乗って来たし、旅も8日目だし、という事で皆さん疲れはどうかなと観察すると、とにかく元気です!
私達も疲れは感じません。

毎日の総歩行時間が日程表に書いてあり、最初のプラハが4時間でそれ以外は2〜3時間程度。
やっぱり余裕をもってプランは組んであるんですね。

部屋からの眺め
部屋の窓は一面で、ドナウ川の向こうに左から王宮、鎖橋、それに漁夫の砦が見えます。
手前には遊覧船、それに遊覧船を利用したレストランなどがあって客も結構入っています。

ナイトクルーズの遊覧船が時々見えます。
感激ですね、この眺めは。

今まで世界中いろんなホテルに泊まりましたが”ホテル日航香港からの夜景”、モニュメントバレーの”グールディングズ・ロッジからの日の出”、に次ぐ眺めです。

セーチェーニ鎖橋
プダ地区とペスト地区を結ぶ380mのブダペスト最古の橋で、1849年に作られました。ウーン、日本で言えば江戸時代、まだペリーも来る前ですね。
設計・工事はイギリス人だそうです。
2次大戦末期に占領していたドイツ軍と侵攻してきたソ連軍の戦闘で、防衛上の理由からドイツ軍が橋の一部を破壊、戦後再建されています。

鎖橋の名前の由来は夜のライトアップの電球が鎖に見えるからだそうです。ライオンちゃんは職人のミスとかで、ベロ(舌)がありません。

マーチャーシュ教会(1)
ホテルの部屋から塔が鎖橋の右側の遠くに見えており、これがマーチャーシュ教会です。
ブダペストのシンボル的な教会だそうですが、ツアーで毎日教会を見ているとちょっと食傷気味になります。

ドナウ川の西側がブダ、東側がペストでそれぞれの町が1873年に一つになって”ブダペスト”。
ブダペストはヨーロッパで最も美しい町の一つで、年間300万人近くが訪れているそうです。
しかし、多くの建築物は第二次世界大戦で破壊・破損し後に再建・修復されたものが多いのです。

マーチャーシュ教会(2)
教会は1015年に建造され、今ある建物は14世紀後半に建造、更に19世紀に修復されたものです。

その後第2次大戦での市内に立てこもるドイツ軍とこれを包囲攻撃したソ連軍の戦い”ブダペスト包囲戦”で大きく破壊され、1960年に再建されたのが今の姿だそうです。

ツアーでは特に詳しい説明がありませんでしたので後で調べました。
 ”ブダペスト包囲戦”というのは1944年12月から1945年2月の凄惨な戦いです。
ドナウ川に掛けられた橋は全部破壊、市内の建物も80%が破壊、何万人もの市民が犠牲になり、その後占領したソ連軍に市民は徹底的な略奪、暴行を加えられています。

ヨーロッパというのは第二次大戦で破壊され、我々が現在観光で見る美しい建物は再建されたものなのか、昔からのものなのか歴史を知っておく必要があると思いました。

最初に訪れたプラハは戦争で破壊されていない町、ブダペストは破壊され尽くして再建された町です。
その裏には何十万人もの犠牲者がいたというのも忘れてはいけない事だと思いました。

ちょっと寄り道です
マーチャーシュ教会、漁夫の砦付近はブダペストの一大観光地で大変な人混みです。
しばらくすると添乗員さんに、「さあ、ちょっとお買い物に行きましょうか」、と言われ喧噪を避けて街の通りに出ました。

そうです、このツアー2回目の土産物屋紹介です。通りをしばらく歩いて一軒の小さな土産物屋に入りました。

土産物屋と現地旅行会社というか現地ガイドの関係というのはズバリ、あの手この手のバック−マージンで繋がっているのが殆ど。

今までの経験で一番ひどかったのは、行く前に申し込んだオプションツアーを現地でキャンセルさせ、現地ガイドが紹介するオプションツアーに参加させるというもの。
これはサンフランシスコでありました。

NYの1日観光ではガイドが説明そちのけで、夜のオプションツアーの売り込みに必死というのもありました。

上海では現地ガイドがお茶屋でがっぽりリベートもらっているところを目撃、私がじっと見てるとグッとにらんでその場を離れた、なんて事もありました。

漁夫の砦
お買い物を終えて再び戻ってきます。
1902年に建国千年祭における市街美化計画の一環で建てられたもので、実際の砦として使われたものではありません。
名前の由来は、かつてこの辺に魚市場があったから、という事のようです。

ドナウ川で獲れた魚ですね。私は漁師町で生まれ、そして海岸から500mのところで育ち、魚は大好きなのですが川魚だけはどうも、、、です。

ここからの眺めはドナウ川東岸の国会議事堂など、市内が一望できます。

再度、マーチャーシュ教会横の広場
しかしスゴイ人です。
ハンガリーの年間の外国人旅行者数は1750万人、日本人は10万人程度と思われますので0.6%。

フランスとかスペインが8000万人くらいで、日本は3000万人、これをもっと増やす!とか政府は言ってますが、何?もっと中国人とかが増えてメチャクチャになるのですかね、日本の観光地は。
ドイツへ行った時、イタリア人の観光客はウンと嫌われてましたね。ナゼかって?
お行儀の悪さと厚かましさは群れを抜いているから、って日本人のガイドさんが言ってました。

イシュトヴァーン大聖堂
立派な教会です。
これも建国1000年を記念して50年かけて建設、1905年に完成しています。
非常に高い建物で96mあり、エレベーターまたは階段でドームに昇ることができ、景観は絶景だそうです。
私達のツアーでは昇りませんでした。残念。

教会の中は荘厳で見事です。
異教徒の私でさえ、椅子に座って見ているだけで心が洗われるというか、神妙な気分になります。
祭壇の像はハンガリー初代国のイシュトヴァーンです。

イシュトヴァーン大聖堂前広場
大聖堂の前は大きな広場になっており、この巨大な聖堂の写真を撮るためには広場の端の方というか少なくとも真ん中辺りまで行かなくてはなりません。
が、行きませんでした。
従いまして、大聖堂の外観の写真はありません。

ハンガリーは建国1000年で様々な建物を建てた訳ですが、日本はあと320年で建国3000年。

その時日本はどんな国になっているのだろうか、そもそも日本という国が存在しているのだろうか、、、、。

イシュトヴァーン大聖堂入り口前
ツアーメンバーのドクターYは写真撮影が趣味のひとつで、旅行の目的はこれだそうです。
どういうアングルで写真を撮るのか、横から観察をさせて頂きましたが例えばこういうシーン。

お母さんが小さな子をあやしているのをそっと望遠で撮るのですね。そして表情が出そうになったり、雰囲気を出す動作をしたりするのを待って、チャンスを逃さず撮る。

このあとYさんは地べたに這いつくばってシャッターを切っていました。いろいろ勉強になりました。

ハンガリーのビール
今までとちょっと違います。このレストランは珍しくサイズを選ばさせてくれました。
私は文句なしに”大”。

日本とかアメリカ・カナダではキンキンに冷えたビールというのは常識ですが、そうじゃない国というのは結構あります。特に中国に行くと”冷えてないビール”が普通ですね。

それと注ぎ方ですが、日本のように泡を4分の1くらい入れて出すというのは一般的にNGです。
客から、「何で泡入れて出すんだ?」、とかのクレームが出るからです。

英雄広場(1)
高い塔と左右に扇形に拡がるモニュメント、その支柱の間には7人、合計14人の像が立っています。
そのうち8人の像は有名な国王、6人が有名な政治家・軍人です。
これも建国1000年を記念して1900年に完成したたそうで、広場は本当に広場で、とにかく広いです。

ハンガリーは第二次世界大戦ではドイツからの圧迫で枢軸国側として戦い、敗戦直線の1944年12月から1945年2月までドイツ軍と共にソ連軍と戦い破れ、ソ連に占領されて結局はソ連の衛星国に組み込まれてしまったという歴史です。

大戦中枢軸国側から逃れようとしたのですが、逆にドイツに占領されて親ドイツ政権ができ、この時にホロコーストで25万人のユダヤ人が殺されています。

ブタベスト包囲戦でもドイツ軍、ハンガリー軍、ソ連軍の死者は30万人、市民4万人が亡くなっています。

ほんの数十年前にはそういう歴史があった、というのは美しい街並みを見ていると信じられません。

英雄広場(2)
1750万人が訪れる観光国ですが、見ているとやはり団体のグループが目立ちます。
個人旅行でプダペストまで来て、1日か2日グループツアーで有名な場所を巡り、あとは自由にゆっくり見て回る、という方法の人が多いとガイドさんが言ってました。

私達も初めてのところは1日だけグループツアーで案内してもらい、そのあとは自分たちで好きなところを巡る、という方法をとっていました。
でも最近は丸ごと全部グループツアー、というのが増えましたね。

お母さんと子ども
日本では若い夫婦がこれくらいの小さな子を連れて旅行をするのは珍しくはありませんが海外、特に欧米ではあまり見掛けません。
ハワイなどに行って、小さな子どもを連れて来ているのは日本人が圧倒的に多いのはご存じのとおり。
欧米人もファミリー旅行だなという姿を見掛けますが、3才以下くらいとかの子どもを連れているというのは少数派です。

考え方の違いと言えば、アメリカでは赤ん坊を連れて飛行機に乗る時、睡眠効果のある害のないクスリをミルクに少量入れて飲ませる人もいます。

花壇
公園、広場に行くとこういう手入れの行き届いた花壇があちこちに見受けられます。
立て札、注意書きは無論、看板とかが殆どありません。ですからスッキリ、きれいです。

自動販売機・屋台もありません。
ですから何か飲みたくなったら基本的にカフェに入るしかありませんので、ペットボトルの持参は必須ですね。
グループツアーで移動が全部バスの場合、最近はペットボトルを配ってくれる事が多くなりました。
助かります。

スーパー
ホテルの近くにスーパーがあったので入ってみました。食品は安い感じがしました。
店の中は清潔で、品揃えも豊富でした。
日本のように通路にも商品を積み上げてまるで倉庫状態で売る、みたいな雰囲気はありませんでした。

ハンガリーはEUに加盟していますがEU通貨が使えず、買いものはハンガリー通貨のフォリント(1ユーロ=約300フォリント)になります。
但し観光客が行くような土産物屋とか、レストランは使えますが、ちょっと割高になるそうです。

中央市場(1)
午後は自由行動、または添乗員さんの先導による散策のいずれかを自由に選べるようになっており、私達は添乗員さんの後について行く事にしました。

先ず行ったのが中央市場、かなり大きな建物の中にたくさんの店が入ってました。
食品は魚以外は何でもあり、というところでした。(魚は目に入らなかっただけであったのかも知れません)
月曜日の午後3時頃なので客は多くはなく、観光客が目立ちました。
楽しさで言えば、フィリピンの庶民マーケットには到底かないません。

中央市場(2)
今回はハンガリー料理を堪能する、というような企画は含んでいませんでした。ハンガリーのレシピは一般的に日本人の口に合うそうです。
やはり1回くらいはそういう料理を食べさせる、という日があってもいいんじゃないかと思いました。

野菜とか肉の味付けは調味用のパプリカを使うことが多いそうです。
ここは06:00からやっており、閉まる時間は曜日によって違いますが大体17:00頃のようです。

中央市場(3)
ここに来て最大の失敗は2階に行かなかった事でした。2階は食材ではなく、フードコートと土産物屋が一杯あったというのを後で知りました。

ただここの中央市場は地元の人が来るというよりも観光客向けの市場という感じで、特にフードコートはそんなに安いわけではないそうです。

私は東京に行って時々アメ横をブラブラして、帰る前に裏通りの居酒屋で一杯やる事があります。
あの安さにはいつも感心しますね。

中央市場(4)
そんな訳で観光客用の市場、それなりに楽しめました。
お店のメインのバイヤーは地元民というより、この付近のレストラン・飲食店なんでしょうね、きっと。

だって買いもの袋持った人って、殆ど見掛けませんでしたからね。
イタリア、ドイツなどで青空市場に連れて行ってもらいましたがこういう室内の市場は今回が初めてでした。

ここはブタペストに北観光客は必ず行くところだそうで、確かに1回は見ておくのもいいところ、ではありますね。

観光客がゾロゾロ
中央市場を出てどちらに向かったのか記憶にありません。賑やかな通りを左右キョロキョロしながらバスの待つ駐車場に向かったのは覚えています。
ブダペストの治安は悪くないそうですが、スリ、置き引き、ひったくりは普通にあるそうです。特に混雑するトラム・地下鉄の中は危険だと言ってました。

ハンガリーと言えば何年か前に移民が押し寄せて大変な事になっているというニュースがありましたね。その後どうなったのでしょうか。
その話はガイドさんは何も言ってませんでした。

カフェ”ジェルボー”
”夕食は皇女エリザベートが愛したカフェ・ジェルボーにてご用意”、と旅のしおりに書かれていました。

確かになかなか雰囲気のあるレストランだった、という印象は残っていますが肝心の食事の内容は、”さて、何を食べたのだっけ”、というレベルでした。

”カフェ・ジェルボー”にも行きました!、というの大事にしたい人にはいいかも知れませんが、一般的に欧米のレストラン等は味は値段とは関係なく、そして雰囲気とも関係ない、というのを教えてくれるレストランです。

さあ、ドナウ川クルーズです
ドナウ川の真珠、プダペスト。
そのブダペストをドナウ川からナイト・クルーズする、しかも貸し切りで。
しかしナイトクルーズとは言うものの6月17日、つまりほぼ夏至の夕方。空はかなり明るいので”Night Cruise”ではなく、”Dusk Cruise”、じゃないか、と突っ込みたくなりますが、まあいいでしょう。

ドナウ川はやはり清水ではありませんが、ゴミもなくきれいな川です。ドナウ川とはドイツの南部の森林地帯から10カ国を流れて黒海に注ぐ全長2850kmの大河です。

ドナウ川クルーズ(1)
何と立派な建物でしょう。
これはハンガリーの国会議事堂です。こんなに美しい国会議事堂は今まで見た事がありません。
中も息をのむ豪華さだそうです。今回はここを訪れるコースは含まれていませんでしたが、もし再びブダペストに来るなら絶対に行きたいところです。

約20年をかけて作られ、691の部屋があるそうです。
あまりにも精緻な建物なので、常時どこかが修理をされているとの事です。
高さは96m、ブダペストで一番高い建物です。

ドナウ川クルーズ(2)
鎖橋です。私は建築は素人ですが、修復されたとは言うものの、このような工事を江戸時代(1849年)にやったとは、どういう事だ!と思ってしまいます。
これができる前までは洪水の度に流される浮橋で、この橋がブダ地区とペスト地区を結ぶ最初の橋だそうです。
その後構造の異なる橋が幾つも掛けられ、この橋が最も美しい橋、とされています。

ところで基礎工事は水中深い工事になると思うのですが、そんな時代にどうやってやったのでしょう。
考えるとキリがありません。

ドナウ川クルーズ(3)
鎖橋をくぐると左側に私達が泊まっている”インターコンチネンタル・ブダペスト”が見えてきました。
ドナウ側にぴったり面しているのがよくわかります。ですから部屋からの景観は★★★★★です。

時々遊覧船と行き交いますが、乗船客は多くはありません。中途半端な時間帯だからでしょう。
明るい日差しの中の風景ならもっと早い時間帯、夜景を楽しむならもう少し襲い時間帯ですからね。

でも夕焼けの始まっている頃の景色もよかったですよ。

ドナウ川クルーズ(4)
これにはびっくりしましたね〜。全長が100m近くありそうな遊覧船です。
前方40%はレストランなど、残り60%くらいは船室で宿泊できるようになっていました。

レストランの方は客がちらほら見えましたが、船室の方は誰もいないような感じでした。

川ですから大きな波はないので大丈夫なんでしょうが、海に出たら船体が折れてしまうのではないかと思いました。同じようなタイプの船は他にもう一隻反航していきました。

ドナウ川クルーズ(5)
ちょっとだけ夕暮れらしくなってきました。
やはり今回のクルーズを”ナイト・クルーズ”と言うには出発がちょっと早すぎると思いました。

写真のナイト・クルーズの景色は、建築物とか橋にイルミがありますが、一切点灯していませんでしたので、どう考えてもおかしい時間設定でした。
これはクレームをつけておきました。

ただ遊覧船が16人で貸し切りでしたので、席の取り合いもなくゆったりと風景を楽しむ事はできました。

ドナウ川クルーズ(6)
これは”自由橋”というそうです。長さは334m、幅は20m、完成は1896年です。
この橋もブダペスト包囲戦で1945年1月にドイツ軍が破壊、警告なしでやったために多くの市民が犠牲になったそうです。現在のものは1947年に再建されました。

橋を下から見てもどこまで破壊されて、どの部分が新しくなっているのか素人にはよくわかりません。
いずれにせよこんな立派な橋を日本の明治時代によく作ったものだと感心します。
昔の写真、絵を見ると今と全く同じに見えます。

ドナウ川クルーズ(7)
クルーズは川上に向かいますので、陸との相対的なスピードはゆっくりです。ですから景色を眺めるには好都合です。

40分くらい行ったところで反転をして船着き場に戻る時は今度は川の流れに乗りますので、20分くらいで到着です。

このクルーズはブダペスト観光のハイライトの一つと言われており、乗ってみてそのとおりだと思いました。改めてプダペストの美しさを認識しました。

船着き場にはこれからクルーズ船に乗る人たちが結構詰めかけていました。

最後の夜
ホテルに着いて風呂に入り、そのまま寝るのは何となくもったいない。
という事でロビー横のバーに行って一杯やる事にしました。バーには何人かいましたが、東洋人は私だけでした。

ホテルには私達以外にもう一組の日本人グループ・ツアー客がいたのですが皆さん、こういうところにはなかなか来ないのですね。

ビールを2本ほどゆっくり飲んで部屋に戻りました。
正確な値段は忘れましたが、ビールはエライ安かったと記憶しています。

再度王宮の夜景
イヤー、本当にきれいでした。
(本物の)ナイトクルーズ船が何隻も行き来しています。川岸の道路を車が相当なスピードで走っています。

さすがヨーロッパですね、市内ですが100kmくらいは絶対に出ている感じです。
ブダペストで走っている車はたまに日本車、アメ車も見ましたが、殆どがドイツ車でした。
日本車はトヨタ、マツダが殆どでした。

これで夜景も見れなくなるのかと思うと実に名残惜しく、いつまでも窓から眺めておりました。

朝の散歩)
今日は帰る日です。空港に行くまでに時間がありましたのでホテルの周りをブラブラ散歩してみました。
この日は火曜日、乗客は勤めに行く人でしょうか、中はそれほど混んでいません。
ヨーロッパ各国も始業時間は早い(7時とか、7時半)ようなので、ラッシュは終わっていたのかも知れません。

ハンガリーはブダペスト市内をぐるっと回っただけで、田舎をバスで走るというのがありませんでした。
ですから”生活の香り”を嗅ぎ取る時間はなく、ちょっと残念でした。

ブダペスト空港
空港に行ってびっくりです。人でごった返していました。

免税の手続き、ガイドさんに、「やったらどうですか」、と言われたのでアテにしないで一応書類だけは提出しておきました。何ヶ月かして僅かですが振り込みがありました。

税金と言えばハンガリーの所得税は一律で15%。消費税は27%で、食品とかには軽減税率が適用されます。
給料は普通支給の3分の1くらいは様々な税金などでなくなってしまうそうです。
ここでもいかに日本が税金が安いか、わかります。

ヘルシンキ空港
日本からJALでヨーロッパに行く場合、各都市直行便は昔に比べてうんと少なくなりました。今はパリ、ロンドン、フランクフルト、モスクワだけになったと思います。

スペインとかポルトガルのツアーを見るとフィンエアーのヘルシンキ経由、というのが殆どです。
ヘルシンキからリスボンなんて4時間くらい掛かるので、せめてフランクフルトまでJALの機体で行って乗り換え、というのがいいのですがね〜。グループツアーではこういうのは見掛けませんね。
コードシェアー便というのは基本的にダメですね。

エアーライン
フィンエアーはフィリピン航空よりはいいです。
今はJALも昔に比べると1ランク以上は確実にいろんな面で落ちましたね。飛行機に乗る楽しみ、というのはもうなくなりましたね、どこも。
ただ昔に比べると座席とか各種エンタテイメントは年々よくなっていますね。

私はまだエミレーツ航空に乗ってないので、そのうち機会があれば是非乗ってみたいと思っています。

まだまだ元気なつもりなので、大いに旅をするぞ!、と思ってはいるものの、どうなりますかね、、、。

お土産
今回の旅行で私が買ったお土産はこの2つです。

一つはボヘミアングラスの花瓶。これは日本酒を入れるお銚子用にぴったり!重くてズッシリ、ちょっと高かったのですが思い切って買っちゃいました。

もう一つはハンガリーの刺繍。ウサギ小屋のマンション住まいなので、小さいのを買いました。

一杯やる度にプラハの街を思い出し、書斎で横を向く度にブダペストを思い出します。

”60歳からのゆったり中欧3カ国、10日間”、というタイトルの旅、総合評価は90点でした。
グループツアーというのは添乗員、ガイド、それにメンバーの相性で決まります。今回はそれぞれ90点で、非常に楽しく旅をする事ができました。
訪れた3カ国はそれぞれ特徴があり、感動しました。どこがよかったですか?と聞かれる事が多いのですが、答えは、「全部!」です。
中欧はあとはポーランド、それにロシアにも是非行ってみたいですね。
そのうち計画したいと思っています。